オリーブの樹 理事長のお部屋

社会福祉法人オリーブの樹 加藤裕二 理事長 ページ プロフィール 千葉市花見川区横戸
「加藤理事長の写真」を、クリック。スマートフォンの場合は、指で軽くフリックし指を広げながらパネルの表示を拡大できます

オリーブメール号外 お知らせ版より

台風15号被害について

 9月9日(月)に千葉市に上陸した台風15号は県内に大きな被害をもたらしています。当法人の各事業所においても大なり小なり被害を受けましたが、特にオリーブハウスや花まんま、オリーブ鎌取福祉作業所では長期に亘る停電が発生し、職員、利用者とも冷房のない中大変な思いをしました。しかしながら怪我や体調を崩す方は出ず、人的被害が無かったことは不幸中の幸いと思っています。


 物的被害といたしましては、お掃除プロ事業所(オリーブハウスの従たる事業所)の一部が破損し雨漏りがしたり、オリーブ亥鼻福祉作業所の隣地との境界付近にある気が倒れ駐車中の車が破損するということがありましたが、何より一番の損害は停電によりオリーブハウスのアイスクリーム1000個近く溶けてしまったことが挙げられます。秋の繁忙期を控え大幅な作り溜めをしていたため被害が大きくなりました。秋の繁忙期を直前に控え大変な痛手です。


 一方生活の場であるグループホームについては、3ヶ所のグループホームとも停電を免れ、夜間の業務や支援に困難さが生じること無く、今までと変わらなぬ生活を送ることができております。しかし、入所施設の中には未だに停電等で不自由な生活を送っているところもあるとのことから、もしグループホームで今回のような停電が発生したらと想うと背筋が寒くなります。停電の発生を想定してのシミュレーションを立てていく必要性を強く感じました。


 更には今回のオリーブの樹の各事業所の状況や被害の大きかった他の福祉事務所の状況等を踏まえると、各事業所には発電機を1台以上設置する、グループホームでは部屋ごとのランタンを用意する、法人本部であるオリーブハウスのサーバーやPCが使えなくなっても、それを補完できる機能を整える設備・備品面での整備も必要と思われました。これらについては順次取り組んでいきたいと思います。

2019年10月7日(月)千葉市生涯学習センターで開かれました社会福祉法人 オリーブの樹 講演会 「虐待された障害児者はなぜ事件を起こすのか」講師:石井光太氏 で挨拶をする理事長 加藤裕二
「加藤理事長の写真」を、クリック。スマートフォンの場合は、指で軽くフリックし指を広げながらパネルの表示を拡大できます 

2019年10月7日(月)千葉市生涯学習センターで開かれました社会福祉法人 オリーブの樹 講演会

「虐待された障害児者はなぜ事件を起こすのか(講師:石井 光太氏)」にて、挨拶をする理事長 加藤裕二


ご利用者さんによる似顔絵

社会福祉法人オリーブの樹 加藤裕二 理事長 ページ プロフィール 千葉市花見川区横戸
「イラスト」を、クリック。スマートフォンの場合は、指で軽くフリックし指を広げながらパネルの表示を拡大できます
2019年10月5日(土)に開催いたしましたオリーブ轟(とどろき)地域交流会「OKTOBREFEST(オクトーバーフェスト)」にて、理事長コーナーで微笑む加藤裕二
「加藤理事長の写真」を、クリック。スマートフォンの場合は、指で軽くフリックし指を広げながらパネルの表示を拡大できます

2019年10月5日(土)に開催いたしましたオリーブ轟(とどろき)地域交流会
「OKTOBERFEST(オクトーバーフェスト)」にて、理事長コーナーで微笑む加藤裕二

平成31(2019)年3月 就労継続支援A型 開所
平成31(2019)年4月 就労継続支援B型 生活介護 開所